6月9日(木) 曇り時々雨そして霧
6日目 走行距離:322km

主な観光ポイント:
霧多布岬(きりたっぷみさき)
納沙布岬(のさっぷみさき)
車石(くるまいし)
新酪農展望台

*道の駅スタンプラリー*
*今日の温泉*
本日の行動範囲 部分


  
観光ポイント:霧多布岬(きりたっぷみさき)
6:30起きです。
厚岸から海沿いを走って霧多布岬まで行く。
とにかく朝から霧だらけ。行くとこ行くとこ霧だらけ〜ときたもんだ。
途中、朝風呂で『霧多布温泉ゆうゆ』に寄ったんだけど、
ここでも露天は霧だらけで、自慢の景色もまったく見えなかった。

霧だけじゃなく、風も冷たくてかなり強い。
愛冠岬、琵琶瀬展望台、涙岬、窓岩と、いろいろなビューポイントの看板が道沿いに出ているものの
霧でまったく見えず。さすがキリタップ!!

霧多布岬に到着しても、あまりの寒さに私は車待機。
だって、駐車場まで霧だらけなんだもん。絶対絶景なんか見えないって〜。
ということで、ずんさんに写真任せちゃいました。私は車でぬくぬく〜♪

霧多布岬を後にして、根室市に向けて走る。
道の駅スワン根室に寄った頃、丁度お昼になったので、
根室名物エスカロップと花咲きガニの鉄砲汁、チャンチャ焼きをくらう。
エスカロップはフランス語で「肉の薄切り」だそう。
ご飯の上にトンカツが乗っていて、デミグラスソースがかかっていた。
洋風カツ丼といった感じ。なかなかうまかった。
花咲ガニもこのへんでしか取れない有名なカニで、どっちの料理ショーでも紹介されていた。
チャンチャ焼きも北海道名物よね〜。もう名物づくし!
この道の駅には展望スペースもあって、望遠鏡で丹頂鶴を見ることができた。


厚岸の公園

これから向かうほうは
霧に覆われている...。

愛冠岬へ続く道
なんか出そう...

岬に向かう途中は牧草地

愛冠岬
なーんにも見えません

なんかあるけど霧。霧。霧。

琵琶瀬展望台
ここも霧でなーんも見えない

晴れてるとこう見えるらしい
...って看板立つくらい
見れないって事!?

霧多布岬

ウミネコも寒そう...
↑TOPに戻る

  
観光ポイント:納沙布岬(のさっぷみさき)

根室市到着。ここから納沙布岬へ向かう。
途中、市内の明治公園で古いサイロ3つを見た。よい感じの雰囲気かもし出してたよ。
納沙布岬へ向かう道にはあちこちに『返せ!北方領土!!』っていう看板があっちこっちに立っていて
悲観的な雰囲気ただよってますがな。
綺麗な場所なんだからもっと楽しい雰囲気もあって良いと思うんだけど、
それが観光地になってる矛盾みたな...。
納沙布岬に到着してもやっぱり霧。さらに強風で、冗談抜きに寒い。
凍え死ぬ勢いだったヽ(´o`;


明治公園のサイロ
味があるよね〜

納沙布岬 霧だらけ

霧で全然見えない...

『島を還せ』...石にまで

巨大な鉄製のモニュメント


晴れてればこんな景色が
見れたのに。
(資料館の写真を撮った)

途中にあった看板
↑TOPに戻る


納沙布岬から根室市内に帰る途中の道には、あの『ルパン三世』でおなじみの
モンキーパンチが書いた看板をあちこちで見かけた。
納沙布岬のある浜中町はモンキーパンチの出身地で、
『妖怪花伝説』というのをもとに書き下ろしたそう。
看板は浜中農協が作成してるようで各農家さんの家の看板になっていた。
私が見つけたのは下3つ。ルパンも良いけどこんな画風もいいよねv
↑TOPに戻る

 
観光ポイント:車石(くるまいし)
(トイレ有り)モー全部寒いの。
根室市内に戻り、近場で何か観光地はないかと地図を見ていると、ありました!
花咲岬の車石。世界的にも珍しいホイールストーン(車石)と呼ばれる奇岩で、
車輪のような放射状の石のこと。

やっぱりここも霧&寒い〜。もぉ〜 全部寒いんだっつーのぉ〜(#`д´)ノ
と、気温に逆切れしつつ、見てきたよ。

これが一番大きい車石
直径6m位

岬です〜
↑TOPに戻る

 
観光ポイント:新酪農展望台
ここはすごく感動した。気分良かった。10mの展望台(やぐら?)にのぼって牧草地一望。
ほんとに牧草地の真ん中にあって、道迷いながらやっとこさ到着して『え?これ登って良いの??』
見たいな感じだった。
すごいきれいだ ったよ〜(T_T)

これが展望台!

周りなーんもなーい

ほんとなんもないです

地球丸い感じする〜

展望台の下のモニュメント

別海十景


↑TOPに戻る


 
*道の駅スタンプラリー*

No.21「スワン44ねむろ」
21コ目の道の駅は根室市にある「スワン44ねむろ」残り63箇所〜。
ここに寄ったら根室名物「エスカロップ」ご賞味あれ!

→道の駅スタンプラリー「北の道の駅」
↑TOPに戻る


 
*今日の温泉*
・朝入った温泉
 浜中町 「霧多布温泉ゆうゆ
 入浴料:500円
 備品:ドライヤー、リンスインシャンプー、ボディーソープ有り
 泉質:ナトリウム・塩化物泉

 感想:施設から霧多布市街や海を見下ろせるらしかったが、霧で真っ白けっけ。
 施設自体は新しくとても綺麗だったので、霧が出てないときにもう一度行ってみたい。


・夜入った温泉
 中標津町 「中標津保養所温泉温泉旅館
 入浴料:500円
 備品:ドライヤー、リンスインシャンプー、ボディーソープ有り
 泉質:ナトリウム・塩化物泉
 感想:夜だから分からなかったけど、目の前に湖(池?)があって眺めが良いらしい。
 温泉も飲料可で、温泉卵風の味がした。コインランドリーが2台あるのでお風呂上りに洗濯〜♪
 待ってる間に『やぎ乳』飲みました。牧場の土と草のニオイがしました...。
 しばらく後味消えなかった(T_T)


↑TOPに戻る


*本日の宿泊場所*

中標津町にある開陽台の駐車場で車泊。何台か車が止まっていた。

↑TOPに戻る

←門別町〜厚岸町      中標津町〜斜里町→

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO