6月4日(土)雨時々曇り
1日目 走行距離:355km

主な観光ポイント:
苫小牧
支笏湖周辺観光

恵庭市周辺観光
ノーザンホースパーク
千歳アウトレットモール「Rera」


*道の駅スタンプラリー*
*今日の温泉*

本日の行動範囲 部分

   
6:00、フェリーが雨の苫小牧港に到着。

↑朝の苫小牧港フェリーの甲板から撮影

とりあえず朝ごはんをコンビニで済ませ、最初の目的地、支笏湖へ向かった。
↑TOPに戻る



   
*支笏湖周辺観光*
→支笏湖周辺案内


観光ポイント:支笏湖(しこつこ)
国道453号沿い支笏湖温泉街付近の公園に到着したのは8:00頃。さすがに朝は人いません。

支笏湖の周りはぐるっと山に囲まれていて、山や国道にはまだ残雪があった。水温、透明度が日本一、水深の深さも日本で2番目で(1番目は田沢湖)冬でも凍らない湖でっす。さすがに山の上の湖だけあってさむかった〜(>_<)
霧&曇り空だったけど、それでも水が良く済んでいるのが分かったし、景色も幻想的な感じで綺麗だった。天気が良ければもっと綺麗に見れたんだろうな〜。
湖の周りは綺麗に整備された遊歩道があり、階段を上っていったところに展望台があって、湖を見渡せるようになっていた。
湖周辺には、キャンプ場やお土産屋さん、支笏湖温泉街、簡単な登山から本格的に登山できる山があるので、1日自然を満喫しながらのんびりできそう。
 
↑湖畔の様子                          ↑展望台から撮影


観光ポイント:樽前山(たるまえさん)
・駐車場有り ・トイレ有り(ぼっとんトイレ&紙なし)

支笏湖を囲む山の1つ樽前山に寄った。ここには支笏湖を眺められる展望台があるらしい。
国道276号線を美笛方面へ行くと、道道141号線(樽前錦岡線)があり、その道から 7合目まで車で行ける。道が途中からダートになるので車で行くときは要注意。
駐車場にはすでに数台の登山客の車があって、みんな本格的な山登りの格好で、登山道の入口には登山者名簿が設置されていた。...なのに、私たちったらスニーカーにジーパン、ウィンドブレーカーの軽装...(-_-;)
少し不安を感じつつ、登山道を数百メートル進むと、開けた場所に出て後ろを振り返ると支笏湖を一望することができた。すごく良い眺めで、しばらく景色を見入っていた。
ここから先は本格的な登山になりそうだったので、駐車場へ引き返し次の目的地へ移動した。
 
↑展望台から支笏湖一望                  ↑樽前山の尾根と残雪


観光ポイント:苔の洞門
・駐車場有り ・トイレ有り(水洗、紙有り)
国道276号を美笛方面へ行くと、国道沿いにきれいな駐車場と入門ゲートがある。
(入門ゲートの開門は6月上旬から10月まで、9:00〜17:00頃まで。)
入門ゲートから700mほど歩くとヤグラが有り、そこから苔の洞門入口を見ることができる。4年前に洞内が崩落して現在は歩くことができない。それでもやぐらから十分堪能することができる。とても静かな場所で耳が痛くなった。これも苔効果!?大きな岩に綺麗に苔が生えていて、自然のすごさを感じたよ。苔玉作ってみたくなっちゃった。
この付近にはヒグマが出るらしく、あちこちに看板が...やっぱり、本物には会いたくないので歌を歌いながらやぐらまで歩いた。熊避けの鈴があれば良かったなぁ。

ちなみに、入門ゲートにあるトイレは昨年(2004年)できたばかりで、入門ゲートを管理してるおっちゃんが「あんたが今年初めてのトイレ使用者だ。」と教えてくれた。ちょっと優越感♪いざ、トイレへ行くと紙が無く、車に戻って紙調達。おっちゃん曰く、「いつもはあるんだけどな〜。まだ(入門ゲートを)開いたばっかりだから届いてないんだなぁ〜。まったくお役所はなにやってんだかっ」と言っていた。そんなやりとりを遠くで見ていたタクシーの運転手さんが「北海道、こういう場所(トイレに紙の無いところ)多いからこいつ持ってけ。」と、ティッシュをいっぱいくれた。北海道初日から地元の人たちと触合い...あ〜 なんかいいよねぇ。心あったまったわぁ。
 
↑ヤグラから撮影した洞門の入口      ↑周辺の雰囲気撮り


観光ポイント:美笛の滝
国道276号をさらに美笛方面へ行くと、「美笛の滝」という看板が見える。とりあえず寄って見る事にした。
看板方面へ曲がると、林道に入り、そしてダートへ...。着いた場所はいかにも山。駐車場から滝までは1kmほど歩くみたい。そしてヒグマも出るらしい...。ここも軽装で挑んだけど甘かったっ。泥でぬかるむ遊歩道、かなり足場が悪い。滝に近づくほどどんどんわるくなっていく。残雪もあって滑りやすい。もう、とにかく大変っ。そうしてようやくたどり着いた美笛の滝。滝のそばに1本だけ山桜が咲いていた。
 
↑滝と残雪                   ↑滝と山桜


観光ポイント:オコタンペ湖
美笛の滝からオコタンペ湖まで行こうと思っていたら、国道276号と453号をつなぐ道道78号が通行止めになっていたので、仕方なく元来た道を戻り、国道453号線から道道78号線をオコタンペ湖方面へ行く。ここもとても綺麗な湖で、外国の湖を思わせるような雰囲気。きっと周辺に生えている木々がそうさせるのかもしれないけど、良かったよ〜。道道沿いに展望台があってそこから湖を展望できる。

↑オコタンペ湖展望台より撮影
↑TOPに戻る


   
*恵庭市周辺観光*
→ウルマナイ自然公園
→滝の地図

観光ポイント:ウルマナイ自然公園
国道453号線か道道117号線へ入り恵庭市方面へ行くと、道道沿いにウルマナイ自然公園がある。ここは滝ポイントで、白扇の滝、ウルマナイの滝、三段の滝と3つの滝がる。3つの滝は少しずつ離れた場所にあるけど、全部道沿いなので見やすかった。
この辺りから天気も良くなって気温も上昇してきた。

・白扇の滝
・駐車場有り ・トイレ有り(水洗、紙有り)
駐車場から階段を下ったところに滝を見る展望台がある。水量が多くて滝って感じがする。3つある滝の中で一番の気に入り♪
トイレや遊歩道は綺麗に整備されていた。駐車場から下る階段にはタンポポが咲き乱れていた。
 
↑白扇の滝                            ↑タンポポ咲き乱れ


・ウルマナイの滝
・駐車場有り ・トイレ有り(水洗、紙有り)
白扇の滝を見た後だと、ちょっとしょぼく感じてしまった。ウルマナイはアイヌ語なんだけど、沢の両側が切り立ち、急流で滝になっているところという意味らしい。



・三段の滝
ウルマナイの滝から近いので、歩いて行った。ここもやっぱり白扇の滝にはかなわなかったなぁ〜。遊歩道も崩れまくって、荒れていた。



観光ポイント:びっくりドンキー花の牧場店
滝めぐりをして、道道117号線を恵庭市方面へ行き、そろそろお腹も減ってきた頃、恵庭I.C付近に『花の牧場』という看板が立っていた。(なんだろう?)と思ってよくよく見てみると、ガーデンみたいなところに『びっくりドンキー』の看板を発見。どこにあるのかと見回したけど、どう見てもビニールハウスみたいな建物しかない。どうしても気になったので入ってみることにした。
外のガーデンでは花や木の販売をしていて、やはり、ビニールハウスみたいな建物がドンキーだった。店内も室内ガーデン風で、外でも食べれるようになっていた。けど、メニューはいたって普通のドンキーだった。
→ガーデンセンター「花の牧場」
 
↑道道沿いに立つ看板                     ↑店内の雰囲気

びっくりドンキーで腹ごしらえをして、デザートにソフトクリームで...ということで、じゃらんで調べると、恵庭市内にある「グレイスコートむらかみ牧場」のソフトクリームが美味しいということで、寄ってみた。私はキャラメルソフト、ずんさんはマスカルポーネチーズソフトを食べた。どっちも激うま〜(゚∀゚ )だった。

グレイスコートむらかみ牧場」
住所:北海道恵庭市戸磯156
営業時間:10:00〜18:00(4月〜10月は休み無し)

↑TOPに戻る


   
観光ポイント:ノーザンホースパーク
国道274号線をそのまま由仁町方面へ行き、国道234号線から苫小牧市へ向かう。
「ノーザンホースパーク」に到着したのは16:00頃。ここは競走馬の牧場で、有名馬がいたりするんだけど、残念ながら私たちが行ったときは1頭も有名な馬には会うことができなかった。けど、少し前にGVで活躍していた馬がちらほらいた。
広い牧場があって馬がのびのびと草を頬張っていてなかなか良い景色だった。牛とか羊の放牧は見たことあるけど、馬は初めてだったので感激だった☆

牧場以外にも、馬との触合い、パークゴルフ、テニスなどなど遊べる施設が盛りだくさん。家族や友達と1日中遊べる雰囲気だったよ。

ノーザンホースパーク
住所:北海道苫小牧市美沢114-7
営業時間:9:00〜19:30
(4/23〜10/31)
       9:00〜19:00(6/1〜8/31)
       10:00〜17:00(11/1〜4/22)
入場料:500円(16:00以降と、11/1〜4/22は入場無料)


↑放牧される馬
↑TOPに戻る



   
観光ポイント:千歳アウトレットモール「Rera」
ちょっと時間があったのと、夕飯を食べるべく、千歳市にあるアウトレットーモール「Rera」へ寄ることにした。到着したのは17:00頃。土曜日ということもあってお客さんいっぱいいた。
2005年4月29日にオープンしたばかりで綺麗なモールだった。でも、北海道に作ったモールなのに屋外オープン型モール。せめて、通路に屋根でも掛けたほうがよかったんじゃないかなぁ。この日もすっごく寒くて、お店回るの大変だったし。冬はどうするんだろう?雪かきとか大変そうだなぁ。

夕飯はモール内にある千歳ラーメン博物館の「らーめん処 味一番つばさ」に入った。「究極の味噌ラーメン」というフレーズにつられて、期待して食べたものの、私の中では究極じゃなかった...( ̄^ ̄;)
→アウトレットモール「Rera」
↑TOPに戻る


 
*道の駅スタンプラリー*


No1 「マオイの丘公園」
恵庭市から国道36号線を千歳市に向けて走り、千歳市から国道337号線を長沼町に向けて走る。さらに国道274号線を由仁町方面へ走ると...辿り着いたのは最初の道の駅「マオイの丘公園」ここで、道の駅スタンプラリー北海道版のスタンプ帳を購入(1人1冊100円)これから道内84箇所にある道の駅すべてを回って完全制覇を目指すのだっ。まずは第一歩記念のスタンプを押した〜。残り83箇所〜。

 
↑スタンプラリー帳                       ↑スタンプ第一号


No2 「むかわ四季の館」
2コ目の道の駅は千歳市のお隣鵡川町にある「むかわ四季の館」これで、残りは82箇所。まだまだーっす。

→道の駅スタンプラリー「北の道の駅」
↑TOPに戻る


 
*今日の温泉*


門別町 門別温泉「とねっこの湯」

入浴料:500円
備品:ドライヤー、リンスインシャンプー、ボディーソープ有り
泉質:ナトリウム一塩化物泉
感想:到着したのは20:30頃。お風呂の種類が沢山あって楽しめた。お湯は茶色っぽい。
   

*本日の宿泊場所*

道の駅「サラブレットロード新冠」にて車泊。
道の駅なのでトイレの心配なし。SM-Xのシートをフルフラットにして、さらにマットを敷いて寝袋で就寝した。
↑TOPに戻る


←旅立:仙台出発            新冠町〜芽室町→

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO